就職難とは

 

日本ではバブル経済が破たんして以来、就職難の傾向にあります。
就職難とは、文字通り就職するのが難しいことをいいますが、その一番の原因は、日本経済の低迷にあると考えられます。
企業の経営が安定していないため、多くの企業で雇用数を減らすという動きが見られるからです。
新しく人を雇用するどころか、雇用している人の辞職を促す、いわゆるリストラを行う企業も少なくありません。

特にバルブ経済崩壊~2004年頃まで、ひどい就職難の時期が続き、その時期は就職氷河期と呼ばれたほどです。
就職氷河期には、一流大学を出ていてもなかなか就職できない状態が続きました。
就職できないために、新卒者である若者たちが就職浪人をしたり、アルバイトで生計を立てるフリーターになったりして、正規に雇用されていない若者が増加しました。
そして、フリーターのままになっている人も少なくないようです。

2005年くらいから、景気が少し上向いてきたことから、新卒者の雇用は回復しましたが、新卒者以外の雇用は依然として厳しく、再就職者の就職難は続いています。
特に中高年の再就職は非常に困難で、仕事がないためにお金に困るようになり、生活保護を申請する人が後を絶ちません。
就職浪人やフリーターたちが就職しようとしても、その門は非常に狭く、なかなか実現できないのが現状です。

どうして就職できないのか?当サイトではその理由を考えると共に、仕事を得る方法について、その一例を述べています。
就職できずに困っている人の参考になれれば幸いです。


≪注目情報≫
就職できずに困っている人の為の求人情報サイトです => 就職 情報